Go to Contents Go to Navigation

韓中2プラス2を機に意思疎通・協力強化へ 韓国国防部

記事一覧 2021.04.05 13:35

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の夫勝チャン(プ・スンチャン)報道官は5日の定例会見で、中国との2国間の外交・安全保障協議(2プラス2)について「外交・安保当局間の関連分野で意思疎通と協力を強化する契機になる」との見方を示しながら、「積極的に対話に臨めるようにする」と述べた。韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は3日に中国で同国の王毅国務委員兼外相と会談し、両国間の2プラス2を上半期中に開催する方向で一致している。

国防部(資料写真)=(聯合ニュースTV)

 韓中の2プラス2は、朴槿恵(パク・クネ)前政権下だった2013年6月の両国首脳会談で新設に合意し、同年12月に初開催された。だが、15年1月の第2回を最後に途絶えている。

 一方、日本の教科書検定で韓国・独島の領有権を主張する高校教科書が合格したことに対する立場を問われ、夫氏は「独島は歴史的、地理的、国際法的に韓国の固有の領土」とする立場を国防部は堅持していると答えた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。