Go to Contents Go to Navigation

あすソウル市長選など再・補欠選投開票 与野党が最後の訴え

記事一覧 2021.04.06 06:00

【ソウル聯合ニュース】ソウル市長選と釜山市長選などの再・補欠選を翌日に控えた6日、与野党がソウルと釜山で最後の訴えを行う。

選挙運動を行う朴氏(左)と呉氏(国会写真記者団)=5日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウル市長選には革新系与党「共に民主党」候補の朴映宣(パク・ヨンソン)前中小ベンチャー企業部長官と保守系最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長らが出馬している。

 共に民主党は対立候補の疑惑に集中的に攻撃する「人物論」を全面に押し出し、国民の力は文在寅(ムン・ジェイン)政権の不動産政策を失策とする「政権審判論」で民意を問う戦略だ。

 共に民主党は1%程度の得票率の差で争うことになるとみており、国民の力は「残された期間に特別な変数はない」とし、勝利に自信を持っている。

 先月25日午前0時から始まった公式選挙運動は今月7日午前0時に終了する。

 今回の選挙はソウル市長選と釜山市長選を含め、21の再・補欠選が3459の投票所で実施される。投票時間は午前6時から午後8時まで。

 当落は8日の午前0時ごろに判明する見通しだ。

 2、3の両日に実施された期日前投票では1216万1624人の有権者のうち、249万7959人が投票し、投票率は再・補欠選としては過去最高の20.54%を記録した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。