Go to Contents Go to Navigation

韓国首相「第4波か日常回帰かの分かれ道」 感染拡大で危機感

記事一覧 2021.04.06 10:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は6日、新型コロナウイルス感染症対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、現在の感染状況に関し「流行の『第4波』に入るか、それとも日常回帰へ一歩踏み出すか、重大な分かれ道」との認識を示した。

丁首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 丁氏は「首都圏を中心に感染拡大傾向が強まるなど、危機感が高まっている」と述べた。その上で検査の遅れが感染拡大につながることを懸念し、感染が疑われる症状が少しでもあればすぐに検査機関を訪ねるよう呼び掛けた。また、各自が気を緩めることなく、積極的に感染防止に取り組んでほしいと訴えた。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。