Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「WHOの役割重要、協力強化する」 世界保健デーに

記事一覧 2021.04.07 20:10

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が7日、新型コロナウイルスの世界的な流行により、世界保健機関(WHO)の役割がこれまで以上に重要であり、同機関との協力を強化するとの意向を表明した。

北朝鮮がWHOを評価し協力を強化するとの意向を表明した(イラスト)=(聯合ニュース)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、この日「世界保健デー」を迎えたことを受け、政府機関紙「民主朝鮮」に掲載された個人の文を紹介し、医学の分野が大きく進歩したにもかかわらず、数十億人の人たちが初歩的な医療を受けることができずにいると指摘した。

 また最近は新型コロナが世界的に流行したことで多くの人が命を失い、社会や経済の発展に否定的な影響を及ぼしているほか、劣悪な衛生状態、環境汚染、医師の不足など人の生命を脅かす要因はなくなっていないとし、「WHOの役割を強化するのはこれまで以上に重要な問題」と強調した。

 その上で、北朝鮮は国民の生命を守ることが最も重要と考え、保健分野への投資を増やしてきたとし、「今後はWHOとの協力を強化し、国民の健康を増進するための事業をさらに活発に進めていく」と伝えた。

 北朝鮮は先ごろ、国連安全保障理事会が北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け緊急会合を開くことに反発したほか、国連安保理の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが北朝鮮の子どもの栄養状態に問題があることを指摘したことにも反発するなど、国際社会に対して敵対的な態度を示している。このような状況で国連の傘下機関であるWHOの役割を評価し、協力する意向を示したのは注目に値する。

 現在北朝鮮は定期的に新型コロナの検査を実施し、その結果をWHOに報告するなど、WHOとの協力を続けている。 

 北朝鮮は1973年5月にWHOに加盟した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。