Go to Contents Go to Navigation

韓国再・補欠選の暫定投票率55.5% ソウル市長選は58.2%

政治 2021.04.07 23:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央選挙管理委員会は7日に実施されたソウル市長選と釜山市長選を含む21の再・補欠選の暫定投票率が55.5%になったと発表した。

ソウル市鍾路区の開票所=7日、ソウル(聯合ニュース)

 投票は3459の投票所で実施され、有権者1216万1624人中、674万7956人が投票した。

 投票率は昨年4月の総選挙(66.2%)、2018年の統一地方選(60.2%)に比べてそれぞれ10.7ポイント、4.7ポイント低い。ただ、今回は全国選挙ではないため休日に指定されておらず、単純比較は難しい。19年の再・補欠選の投票率(48.0%)よりも7.5ポイント高い。

 ソウル市長選は490万3624人が投票し、投票率は58.2%となった。区別では富裕層の多い瑞草区(64.0%)、江南区(61.1%)、松坡区(61.0%)の3区が1~3位を占めた。

 一方、釜山市長選は154万7296人が投票し、投票率は52.7%だった。

 選管は8日に最終投票率を発表する。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。