Go to Contents Go to Navigation

野党から10年ぶりソウル市長 釜山市長選とも圧勝=大統領選に弾みか

政治 2021.04.08 10:05

【ソウル聯合ニュース】来年3月の韓国大統領選の前哨戦と位置付けられた7日の再・補欠選で、保守系最大野党「国民の力」の候補がソウル、釜山の2大都市の市長選を制するなど、圧勝を収めた。ソウル市長職の奪還は10年ぶり。一方、革新系与党「共に民主党」はこの5年間、全国規模の選挙で連勝してきたが、来年の大統領選勝利と政権維持に暗雲が立ち込め始めた。

ソウル市長当選を確実にした最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長=8日、ソウル(聯合ニュース)

 中央選挙管理委員会によると、首都ソウルの市長選は国民の力の呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長(60)の得票率が57.5%、共に民主党の朴映宣(パク・ヨンソン)前中小ベンチャー企業部長官が39.2%だった。呉氏は市25区すべてで朴氏を上回り、18.3ポイントの差をつけて圧勝した。中でも江南区での得票率は73.5%と、朴氏のほぼ3倍だった。

 第2の都市の釜山市長選も、国民の力の朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)候補(61)が62.7%の票を集め、共に民主党の金栄春(キム・ヨンチュン)候補(34.4%)を圧倒した。

 投票率はソウル市長選が58.2%、釜山市長選は52.7%だった。平日に実施されたにもかかわらず、広域自治体(17市・道)首長の再・補欠選としては初めて投票率が50%を超えた。

 両市の市長はいずれも、共に民主党所属だった前職のセクハラ事件により空席になった。不動産市場の安定化に失敗した上、宅地開発などを手がける公共機関の職員による投機目的の不正な土地購入疑惑も重なり、現政権に対する「審判」として野党圧勝という結果がもたらされたとも分析される。

 今回は21の再・補欠選が行われ、ソウル、釜山の両市以外でも野党が圧倒した。蔚山市南区と慶尚南道宜寧郡の首長選と、広域・基礎自治体議員の再・補欠選のうち12で野党候補が当選した。共に民主党候補の当選は全羅道の四つの議員選にとどまる。慶尚南道宜寧郡の議員選では無所属候補が当選。

 ソウル市長に選出された呉氏は「山積した課題を手際よく、迅速に解決し、苦境にある多くの市民を支えよという至上命令に従う」と述べた。釜山市長に当選した朴氏は「さまざまな困難にも揺るぎない声援を送ってくださった市民に仕える、良い市政で応える」とした。両氏は8日から市長として職務にあたる。任期はいずれも来年6月まで。

 この再・補欠選を機に、政局は大統領選に向け一気に動き出しそうだ。共に民主党は2011年から守ってきたソウル市長の座を保守政党に明け渡し、18年にようやくつかんだ釜山市長も手放すことになった。党執行部の総辞職が取りざたされるなど、全面的な刷新に入ると予想される。

 一方の国民の力は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾以降の混乱と1年前の総選挙惨敗を経て、劣勢をひっくり返し政権交代へ弾みをつけたい考えだ。

ソウル市長選の得票結果=(聯合ニュース)
開票状況を見守る共に民主党の幹部ら。重苦しい雰囲気が漂っている=7日、ソウル(聯合ニュース)
釜山市長当選を確信する国民の力の朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)氏=7日、釜山(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。