Go to Contents Go to Navigation

大阪の韓国学校・金剛学園が校名変更 国際的な人材育成へ

韓日関係 2021.04.08 11:36

【ソウル聯合ニュース】大阪にある在外韓国学校の金剛学園が、この新学期から校名を「大阪金剛インターナショナル小中高等学校(OKIS)」に変更した。

校舎とスクールバス(OK金融グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 理事長を務める崔潤(チェ・ユン)韓国・OK金融グループ会長が「グローバルな舞台で世界とコミュニケーションできる、創意とリーダーシップあふれる人材を育成する」との思いを込めたと、同グループ側が8日伝えた。英語、韓国語、日本語に堪能な人材を育てるための外国語教育プログラムも導入した。

 同校は在日コリアン1世が1946年に設立した。韓国政府から在外韓国学校に認可されている。児童・生徒数は2018年に約203人とかつてのほぼ半分まで減ったが、その後再び増え、今年は241人が在籍中だ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。