Go to Contents Go to Navigation

ソウル市の学校給食 月2回「肉類なし」に 

社会・文化 2021.04.08 13:15

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市教育庁は8日、今月から市内の全ての学校で月に2回、肉類を使用しない「グリーン給食の日」を実施し、一部の学校には「グリーンバー」を設置して菜食を選べるようにする制度を試験運用すると発表した。

ソウル市の学校給食 月2回「肉類なし」に  - 1

 グリーン給食の「GREEN」は、成長(Growth)、責任感(Responsibility)、エコ市民(Ecological citizen)、エコフレンドリー(Ecofriendly)、自然に対する礼節(Nature etiquette)の頭文字を取ったもので、個人の肉体的・精神的健康を越えて地球環境まで考える生活態度を形成するという趣旨だ。

 ソウル市教育庁は、グリーン給食以外にも学校教育と食育を連携した教育計画を実施する。

 また、教育現場で活用できる資料集などを作成し、官民の協力による菜食体験イベントを行う予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。