Go to Contents Go to Navigation

再・補欠選以降の国政運営方向 86%が「修正すべき」=韓国調査

政治 2021.04.08 16:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社4社が8日に発表した合同調査結果によると、前日に投開票が行われ与党が惨敗した再・補欠選挙以降の文在寅(ムン・ジェイン)政権の国政運営の方向性について、86%が一部、または全面的に修正すべきだと回答した。

文大統領=(聯合ニュース)

 51%は「これまでの基調を維持し、一部政策は修正すべきだ」とし、35%は「これまでの国政運営方向を全面的に修正すべきだ」と答えた。「これまでの国政運営方向をそのまま維持すべきだ」と答えた人は5%にとどまった。

 不動産政策については46%が「全くできていない」、34%が「できていない方だ」と答えた。「非常によくやっている」は2%、「よくやっている方だ」は13%で、否定的評価が圧倒的だった。

 文大統領の残りの任期中に政府が集中すべきこととしては「経済活性化」が29%で最も多かった。

 以下、不動産市場の安定(24%)、新型コロナウイルス防疫とワクチン確保(23%)と続き、野党との協力(10%)、福祉と分配政策(7%)などの回答もあった。

 調査はエムブレインパブリック、ケイスタットリサーチ、コリアリサーチ、韓国リサーチの4社が5~7日、全国の有権者1004人を対象に実施した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。