Go to Contents Go to Navigation

韓国首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ 勧告あれば48時間以内

記事一覧 2021.04.09 14:25

【ソウル聯合ニュース】韓国首都圏での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、感染が疑われる症状がある人が医師や薬剤師などから検査を受けるよう案内された場合、その時点から48時間以内の検査を義務付ける行政命令が近く出される。政府の中央災難(災害)安全対策本部の関係者が9日、伝えた。

ソウル駅前の広場に設置されている新型コロナウイルス臨時検査所で検体の採取を受ける市民=9日、ソウル(聯合ニュース)

 検査を受けるよう言われたにもかかわらず、従わずに感染が判明すれば、感染症予防法に基づき200万ウォン(約19万6000円)の罰金や、治療費・生活費支援対象からの除外、求償権請求などが適用される。

 政府は首都圏の各自治体、医薬関連団体と議論した上で、具体的な措置を取る計画だ。

 全羅北道では6日に同様の行政命令が出ている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。