Go to Contents Go to Navigation

福島原発汚染水の海洋放出方針に「深刻な憂慮」 韓国政府

記事一覧 2021.04.12 19:21

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水を海洋放出する方針を固めたとの現地報道について、「今回の決定が今後、韓国国民の安全と周辺環境に直接、間接的影響を及ぼし得る点に深刻な憂慮を表する」との外交部報道官論評を出した。

福島第1原発の処理水保管タンク(資料写真)=(共同=聯合ニュース)

 また、「これまで日本側に透明な情報公開と周辺国との協議を通じて決定するよう求めてきたが、日本側が十分な協議なしに海洋放出を決定することになれば受け入れがたい」と強調した。

 その上で、韓国国民の健康と周辺環境を守るため放射能測定を大幅に拡大し、モニタリングを強化する方針を表明。国際原子力機関(IAEA)など国際社会との協力を強化し、対応を続けていくと説明した。

 共同通信など日本メディアは、日本政府が13日にも関係閣僚会議を開いて海洋放出を正式に決定すると報じた。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。