Go to Contents Go to Navigation

ポスコがリチウム商業生産へ 韓国南部に年産4万3千トンの工場建設

記事一覧 2021.04.14 14:09

【ソウル聯合ニュース】韓国鉄鋼最大手のポスコが鉱石からリチウムを抽出する技術の検証を終え、商業生産を本格化する。

ポスコのロゴ(資料写真)=(聯合ニュース)

 同社は14日、南部・全羅南道の光陽経済自由区域に建設するリチウム生産工場への投資事業を9日の取締役会で報告し、承認されたと発表した。リチウム年産能力は4万3000トンで、これは電気自動車(EV)100万台を生産できる量に相当する。

 今年6月までに着工する計画で、2023年の完工を目指す。同工場では主にオーストラリアで生産されるリチウム鉱石を主原料に、EVの走行距離を延ばす上で大きな役割を果たす水酸化リチウムを生産する。

 同社は2010年以降、塩水と鉱石からそれぞれリチウムを抽出する技術の開発を進めてきた。光陽製鉄所内に建設した試験工場を2年以上にわたり運営してリチウムの生産ノウハウを蓄積し、専門人材を育成するなどして商業生産の準備を整えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。