Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 日本の汚染水海洋放出決定を批判=「人類に新たな大災難」

記事一覧 2021.04.15 21:06

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水を海洋放出する方針を決めたことに関連して論評を出し、北朝鮮の国営メディアとしては初めて日本の決定を批判し、撤回するよう主張した。

福島原発の処理水タンク=(共同=聯合ニュース)

 朝鮮中央通信は「人類の生存を脅かす容認できない犯罪」と題した論評で、汚染水の海洋放出について、「人類に新たな大災難」を与えるものとし、直ちに撤回するよう要求した。

 また日本の決定について、自らの利益のために人類に脅威を与え、地球の環境を破壊するものと非難し、「破廉恥な本性を再び現した」と批判した。

 日本が13日に汚染水の海洋放出方針を決めてから、北朝鮮の国営メディアがこれに関連した立場を明らかにしたのは初めて。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。