Go to Contents Go to Navigation

インドのコロナ変異ウイルス 韓国で初めて感染確認

記事一覧 2021.04.18 18:43

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染者が急増するインドで新たに見つかった2種類の変異を持つ「二重変異ウイルス」の韓国流入が初めて確認された。

インドで新たに見つかった新型コロナウイルスの変異ウイルスの韓国流入が初めて確認された(イラスト)=(聯合ニュース)

 政府の中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は18日の定例会見で、今年1月以降にインドから入国し、新型コロナウイルス感染が判明した人は計94人で、このうちインドで見つかった変異ウイルスへの感染が9件確認されたと明らかにした。

 孫氏は変異ウイルスについて、感染力や致死率に関する情報が確実でないため世界保健機関(WHO)の定義に基づく分類がまだ行われていないとし、引き続き状況をモニタリングしていると説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。