Go to Contents Go to Navigation

日本産水産物の放射能検査現場で「徹底検査」指示 韓国当局トップ

記事一覧 2021.04.19 14:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の金剛立(キム・ガンリプ)食品医薬品安全処長は19日、輸入水産物の放射能検査の現場を訪れ、「原則と手続きに従って徹底的に検査してほしい」と指示した。 

金剛立氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水を海洋放出する方針を決めたことで国民の不安が高まっている。これを受け、金氏は南東部・釜山の甘川港にある輸入食品検査所などを視察した。

 同処は2011年の福島第1原発事故以降、日本産食品に対しては放射性セシウムとヨウ素の検査を実施している。

 核種分析器を23台から36台に増やし、分析員を12人増員するなどし、検査結果の精度を向上させた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。