Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(4月19日)

記事一覧 2021.04.19 10:00

◇国会 きょうから対政府質疑

 国会は19日に本会議を開き、政治・外交・(南北)統一・安全保障分野の対政府質疑を行う。21日まで経済や社会分野に関しても対政府質疑が実施される。7日のソウル市長選と釜山市長選以降、初めてとなる対政府質疑で、不動産政策や新型コロナウイルスのワクチン供給などを巡っては与野党の激しい攻防が予想される。

国会の対政府質疑(資料写真)=(聯合ニュース)

◇国家債務の半分以上が年金 金利による増減大きく

 政府が先ごろ公開した国家決算報告書によると、2020会計年度(1~12月)の年度末時点の国家債務は1985兆3000億ウォン(約193兆円)だった。このうち、年金充当債務が1044兆7000億ウォンと半分以上(52.4%)を占めた。年金充当債務の規模は市場金利など財務的要因によって数十兆ウォンずつ急増・急減し、国家債務の全体規模をゆがめる可能性があるとの指摘が出ている。

◇GDP コロナ以前の水準に回復か 

 新型コロナウイルスにより市民経済は依然困難な状況にあるが、統計上では韓国経済の規模は1~3月期に既にコロナの感染拡大以前の水準に近づいていたとみられる。韓国銀行(中央銀行)の分析によると、今年1~3月期の経済成長率が1.3%程度なら、国内総生産(GDP)もコロナ発生以前の2019年10~12月期の水準に回復する可能性がある。韓銀は来月成長率見通しを修正する予定だ。韓銀の関係者は「輸出・投資の好調、米国の景気浮揚策による財政支出規模の拡大、追加補正予算の効果などを反映し、上方修正される可能性が高い」と伝えた。

◇ネギ・卵の価格が安定傾向 肉類は高止まり

 高値が続いていたネギと卵の価格が、次第に落ち着きを取り戻している。韓国農水産食品流通公社(aT)と韓国農村経済研究院の農業観測本部によると、8~14日のネギの小売価格は1キロ当たり6299ウォンで、前週(1~7日)比0.8%下落した。高病原性鳥インフルエンザの感染拡大で価格が急騰していた卵の価格も若干の下落傾向を示した。牛肉と豚肉の価格は高止まりが続いている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。