Go to Contents Go to Navigation

ネットでの南北間ファイル取引の規定策定へ ラジオ放送は対象外=韓国

政治 2021.04.19 13:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部が南北間でのインターネットを通じた映画や書籍などのファイル取引に対し、同部長官の承認を義務付けようと関連法の改正を進めていることが19日、分かった。

統一部が南北交流協力法を改正しようとしている(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 統一部によると、1月に発議された南北交流協力法改正案で、北朝鮮との間で搬出入する際に統一部長官の承認が必要な項目として「情報通信網を通じた送受信」が追加された。北朝鮮側またはその代理人と、映画のファイルや書籍をスキャンしたファイルなどを電子メールでやり取りするケースが増えていることを受け、これらを管理するために改正案に明記するもの。

 同規定は北朝鮮向けラジオ放送を規制することが目的という指摘もあるが、同部は「ラジオ放送とは無関係」と否定した。

 同部の李種珠(イ・ジョンジュ)報道官は定例会見で改正案について、「技術発展や取引方式など(南北の)交流環境の変化により、搬入・搬出対象にインターネットなどの手段で送受信するファイルなど電子的な無体物も含めるためのもの」として、「以前に規制対象ではなかったことが新しく規制対象になるわけではない」と強調。「北向けのラジオ放送は電子的な無体物の搬出に該当しない」とし、「(ラジオ)放送規制はまったく検討していない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。