Go to Contents Go to Navigation

釜山国際短編映画祭きょう開幕 コロナ禍の日々描いた作品多数

記事一覧 2021.04.21 10:15

【釜山聯合ニュース】韓国南部の釜山で21日、「釜山国際短編映画祭」が開幕する。38回目の今年は「例外の状態(A State of Exception)」をテーマに、新型コロナウイルスの流行によって壊れた日常と社会のさまざまな姿を描いた作品を多数上映する。

第38回釜山国際短編映画祭が21日から26日まで開催される(釜山市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今回は109カ国・地域から3004作品が出品された。このうち、審査を通過した125作品を上映する。

 国際コンペティションや韓国コンペティションなど計4部門、13の受賞作は26日夜の閉会式で発表する。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。