Go to Contents Go to Navigation

文大統領 新ソウル・釜山市長と昼食会=コロナ・不動産問題など議論

記事一覧 2021.04.21 14:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、7日の補欠選で当選した呉世勲(オ・セフン)ソウル市長、朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)釜山市長と青瓦台(大統領府)で昼食会を行った。

呉氏(右)、朴氏(左)と談笑する文大統領=21日、ソウル(聯合ニュース)

 呉氏と朴氏はいずれも保守系最大野党「国民の力」所属で、野党関係者だけを青瓦台に招き、昼食会を開くのは極めて異例。文大統領が提案し、両氏が応じたという。

 文大統領は昼食会前、両氏と談笑して就任を祝った。非公開で行われた昼食会では新型コロナウイルス対策や不動産価格の高騰問題、経済回復などソウル市と釜山市の主要懸案について議論したようだ。最大野党所属の両氏に対し、中央政府と緊密に協力するよう要請したとみられる。

 青瓦台の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官は「第1、第2の都市であるソウルと釜山の懸案を巡り、野党所属の自治体トップと力を合わせる協治(協力の政治)の場」と説明した。

 文大統領は19日の首席秘書官・補佐官会議で、「防疫と不動産問題は国民生活で最も敏感な事案」として、トップが交代した両市と政府の緊密な協力体制を構築するよう指示していた。

 呉氏は国民生活と防疫の両立を目指し、業種別に異なる営業時間制限の基準を設けるなど、政府の防疫措置とは別のソウル市独自の防疫措置を発表しており、防疫体制に混乱が生じる懸念があるとの声も出ている。

呉氏(右)とあいさつする文大統領=21日、ソウル(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。