Go to Contents Go to Navigation

韓国がWFP執行理事国に再選 2024年まで

記事一覧 2021.04.21 15:04

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は21日、前日に開かれた国連の経済社会理事会(ECOSOC)で、韓国が国連世界食糧計画(WFP)執行理事会の理事国(任期2022~24年)に選出されたと発表した。韓国は19~21年の現任期に続き、連続して執行理事国を務めることになった。

WFPのロゴ(WFPのフェイスブックより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 WFPは飢餓のない世界を目指して活動する国連の食糧支援機関。執行理事会はWFPの最高意思決定機関で、政策上の指針を提供し、WFPの活動全般を監督する役割を担う。加盟国36カ国で構成されており、今回のECOSOCでの選挙で韓国を含む6カ国が理事国に選出された。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。