Go to Contents Go to Navigation

ファイザー製ワクチン 75歳以上の2回目接種開始=韓国

記事一覧 2021.04.22 11:51

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は22日、満75歳以上の高齢者を対象にした米ファイザー製ワクチンの2回目の接種を開始したと明らかにした。

75歳以上の高齢者への2回目の接種が始まった(イラスト)=(聯合ニュース)

 ファイザーのワクチンは、3週間(21日)間隔で2回接種を行う必要がある。

 75歳以上に対する1回目の接種は今月1日から始まっており、この日で3週間目を迎えた。

 21日午前0時までに75歳以上の人口349万7080人のうち78.9%に当たる275万7832人が接種に同意し、これまでに52万4777人が接種を受けた。接種率は15.0%となっている。

 これに先立ち、新型コロナ感染者の治療を行う医療従事者を対象に2月27日からファイザー製ワクチンの1回目の接種が始まり、3週間後の先月20日から2回目の接種が進められている。これまでに6万622人が2回目の接種を終えた。

 一方、政府が確保したワクチン1億5200万回分(計7900万人分)のうち、上半期の供給が確定しているのは約1809万回分だ。22日までに約387万回分が韓国に到着した。

 推進団は「これまで製薬会社との契約に反して供給が遅れた例はない」としながら、製薬会社と持続的に協議を行って上半期の供給量を拡大し、早期にワクチンを受け取れるよう努力していると説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。