Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(4月22日)

◇新規コロナ感染者735人 1月初旬以来の高水準

 中央防疫対策本部は22日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から735人増え、累計11万6661人になったと発表した。市中感染が715人、海外からの入国者の感染が20人だった。1日当たりの新規感染者数は1週間ぶりに700人を上回った前日(731人)より4人多く、1月7日(869人)以来の高水準となった。

新型コロナウイルスの検査所。従事者の疲れもたまっている(資料写真)=(聯合ニュース)

◇ファイザー製ワクチン 75歳以上の2回目接種開始

 政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は、満75歳以上の高齢者を対象にした米ファイザー製ワクチンの2回目の接種を開始したと明らかにした。ファイザーのワクチンは、3週間(21日)間隔で2回接種を行う必要がある。21日午前0時までに75歳以上の人口349万7080人のうち78.9%に当たる275万7832人が接種に同意し、これまでに52万4777人が接種を受けた。接種率は15.0%となっている。

◇仁川空港 外国人の「無入国観光」を検討

 仁川空港が、外国人が遊覧飛行後に韓国入国の手続きはせず空港内の施設を利用できる新たな観光商品の導入を検討していることが分かった。新型コロナウイルスのワクチン接種進行に伴う旅行需要の回復を見据えた航空業界と空港の動き。検討を進める観光商品は新型コロナ感染拡大の抑え込みが比較的順調で、飛行時間も短めの台湾やシンガポールなどからの旅客を主なターゲットとする。

◇地方の大都市つなぐ広域鉄道網構築へ 2時間台で全国移動可能に

 国土交通部は韓国交通研究院の主催で開かれた公聴会で、今後10年間に忠清道、光州・全羅南道、釜山・蔚山・慶尚南道、江原道など地方の大都市圏を中心に広域鉄道網を構築する計画を発表した。高速鉄道が利用しづらかった西海岸地域に新たな高速鉄道を開通させ、全羅線、東海線など全国の主要路線を高速化して全国を2時間台で移動できるようにする。

◇公職者の不正防止 「利益相反防止法」制定されるか 

 国会政務委員会が「利益相反防止法」の制定案を可決した。制定案は、公職者が職務に関する情報を悪用して私益を追求することを防ぐ内容を柱とする。同案は過去8年間にわたり発議と廃案が繰り返されたが、宅地開発などを手がける公共機関、韓国土地住宅公社(LH)の職員らが新都市に指定される前の地域の土地を投機目的で不正に購入した問題により国民の怒りが頂点に達し、及び腰だった議員たちを動かした。

◇ソウル市長就任式 「生活の質と都市競争力高める」

 呉世勲(オ・セフン)ソウル市長の就任式が、東大門デザインプラザ(DDP)で開かれた。新型コロナウイルス感染防止のため就任式にはソウル市議会議長ら3人のみが出席し、ユーチューブで中継された。呉氏は元ソウル市長で、7日の補欠選で当選した。同氏は就任のあいさつで、社会の公正性に対する若者の不信と政府の不動産政策の失敗などを指摘。「公正と共生の価値を実現し、ソウル市民の生活の質とソウルの都市競争力を高める」と強調した。

◇ビットコインが下落 価格調整論影響か

 代表的な暗号資産(仮想通貨)、ビットコインの韓国での取引価格が6500万ウォン(約628万円)台に下落した。仮想通貨取引所のビットサムでは、22日午後3時5分現在1ビットコイン当たり6555万ウォン前後で取引されている。ビットコインの価格が調整されるとの見通しが米国を中心に広がり、国内での価格にも影響を及ぼしたとみられる。

◇サムスントップ やつれた様子で3カ月ぶり法廷に

 サムスングループの経営権継承に絡み、資本市場法上の不正取引行為および相場操縦、業務上背任などの罪に問われている同グループ経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長らの初公判がソウル中央地裁で開かれた。李被告は今年1月に贈賄罪で実刑判決を受けて拘束されて以来、約3カ月ぶりに法廷に姿を現した。初公判は当初3月25日に開かれる予定だったが、李被告が虫垂炎の手術を受けるため入院したことで延期されていた。収監中の李被告はスーツ姿で出廷。マスクを着用していたが、3カ月前に比べ目に見えてやつれた様子だった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。