Go to Contents Go to Navigation

文大統領の私邸・警護施設建設 地元住民が反対=韓国

記事一覧 2021.04.22 16:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫妻が退任後に住む私邸と警護施設が着工したが、一部の地元住民が反発していることが22日、分かった。

下北面の敷地付近に設置されている垂れ幕=22日、梁山(聯合ニュース)

 私邸は元々、南東部の慶尚南道梁山市梅谷洞にあったが、警護などの問題があるとし、文大統領は近くの下北面にある土地と住宅を購入していた。

 下北面住民自治委員会によると、地元の17の団体が21日、私邸が入る敷地付近などに建設に反対する垂れ幕36枚を設置した。垂れ幕には「住民同意のない私邸はない」「平和な日常が破壊される私邸建設を中止せよ」などと書かれている。

 梁山市は指定されていない場所に設置したとして、垂れ幕を撤去。現在は5~6枚だけが残っている。

 下北面住民自治委員会のソ・ジョンチョル事務局長は聯合ニュースに対し、「私邸の工事について青瓦台(大統領府)と自治体はどのような方式でも住民と対話すべきだが、そうした手続きを無視したので垂れ幕を設置した」と説明した。また、「交通、住民間の対立などさまざまな問題が憂慮されるが、青瓦台と自治体は対話する意志がなさそうだ」と主張した。

 梁山市の金一権(キム・イルグォン)市長は23日に地元住民と面会する予定だったが、団体などが垂れ幕の撤去に抗議し、中止となった。

 警護施設の工事は9日に着工し、年末にも完成する見通しだ。

文大統領の私邸と警護施設が入る敷地=22日、梁山(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。