Go to Contents Go to Navigation

韓国医薬品当局 外交部にロシア製ワクチンの情報収集要請

記事一覧 2021.04.22 16:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の食品医薬品安全処は22日、外交部に対し、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の安全性に関する情報を海外から収集するよう要請したと発表した。

ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」(コラージュ)=(聯合ニュース)

 食品医薬品安全処は外交部に公文書を送り、スプートニクVを接種している国で血栓症などの副反応に関する情報を集めてほしいと求めた。対象国はロシアなど12カ国とされる。これを受け、外交部は在外公館に情報収集を指示した。

 現在、食品医薬品安全処にスプートニクVの品目許可申請が出されているわけではなく、同処の関係者は、外交部への依頼は「(スプートニクVの)許可や導入の是非に関係なく、海外で開発された新型コロナワクチンの情報と副反応事例を収集するためのもの」だと説明している。

 スプートニクVはロシアが世界に先駆けて開発し、昨年8月に承認したワクチンで、接種後にまれに血栓が生じる恐れのある英アストラゼネカや米ヤンセンファーマのワクチンと同じ「ウイルスベクター」と呼ばれる種類だ。

 韓国製薬会社とロシアの政府系ファンドの生産契約に基づき、スプートニクVは来月から韓国で輸出用に生産される。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。