Go to Contents Go to Navigation

韓国の道路交通量8年ぶり減少 新型コロナが影響

記事一覧 2021.04.25 12:45

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの影響で韓国の道路交通量が8年ぶりに減少したことが25日、分かった。

インターネット通販大手クーパンの配送車両(資料写真)=(聯合ニュース)

 国土交通部によると、2020年の1日平均の道路交通量は1万5187台で、前年より1.1%減った。交通量はここ10年間、年平均約1.7%増加してきたが、コロナ禍の影響で減少に転じた。

 全国の道路交通量が減少したのは2012年(0.6%減)以来8年ぶり。特に、バスの交通量が前年より38.7%減った。コロナ感染を懸念し、公共交通機関の利用が減ったほか、観光などの需要減で貸し切りバスの運行が急減したためと、国土交通部は分析した。

 自家用乗用車の交通量は0.9%減り、事業用貨物車の交流量は2.2%増加した。貨物車の交流量が増加したのはコロナ禍の影響で非対面消費のニーズが拡大したためとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。