Go to Contents Go to Navigation

京都国際高校野球部に3千万円超の募金 センバツ初出場で初戦突破

記事一覧 2021.04.26 09:49

【ソウル聯合ニュース】1日に閉幕した第93回選抜高校野球大会で外国人学校として初めて甲子園出場を果たした京都国際高校(京都)の野球部に、このほど約3100万円の募金が贈られた。在日同胞を代表する組織、在日本大韓民国民団(民団)の中央本部や京都をはじめとする日本各地の民団団員、超党派でつくる韓日議員連盟所属の国会議員らが支援に賛同した。

大会開幕に先立ち、民団は京都国際高校を応援するための募金を呼び掛けていた(民団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朴慶洙(パク・ギョンス)校長は26日、「韓国語の校歌が甲子園球場に響き、その感動のおかげで野球部はこれまでにも増して真剣に練習に取り組むようになった。在日同胞の存在感を高めるという使命感で、引き続き力を磨いていくことだろう」と述べた。

 京都国際高校は3月24日の1回戦で柴田(宮崎)を5―4で下し16強入りしたが、27日の2回戦で東海大菅生(東京)に4―5の逆転負けを喫した。

 同校の運動場は狭く、内野の練習しかできない。外野の練習をする時はどこか球場を借りる必要がある。そうした厳しい練習環境の中でもセンバツ出場を果たし1回戦を突破したことに、コリアン社会は大きな拍手を送った。 

 京都国際中学高等学校は民族学校が前身。日本の学校教育法上の「1条校」で、韓国政府からも中高一貫校として認可されている。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。