Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(4月26日)

◇コロナ新規感染者800人超えも 今週「特別防疫管理週間」に

 韓国で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、今週は1日当たりの新規感染者数が800人を超える恐れがあると懸念されている。700人台後半まで急増した新規感染者数は、週末の検査件数減少の影響で600人台まで減少したが、これまでのパターンをみると週の半ばから再び増加する可能性が高い。政府はワクチン接種が本格化する時点での流行の抑え込みが何よりも重要だとの判断に基づき、今週を「特別防疫管理週間」とすると宣言した。

ソウル駅前の新型コロナウイルス臨時検査所(資料写真)=(聯合ニュース)

◇板門店宣言から3年 突破口見えぬ朝鮮半島情勢

 文在寅(ムン・ジェイン)政権の平和へ向かう道のりの第一歩となった2018年の南北首脳会談から、27日で3周年を迎える。だが、朝鮮半島非核化と平和定着に向け力強い一歩を踏み出した朝鮮半島情勢は3年が過ぎた現在、新型コロナウイルスと未だに公開されない米国の対北朝鮮政策、政権末期という韓国内の政治状況などの不確実性に足をとられ、前に進めない状態だ。こうした中、政府は「上半期に南北関係修復、下半期に平和プロセスを本来の軌道へ」との目標を提示しているが、現実的に困難だとの見方が多い。

◇ネット速度低下のKT 設備投資が年々減少

 インターネットの速度低下が問題になっている通信大手のKTが、LTEと5Gの商用化前後を除けば毎年、設備投資を減らしていることが分かった。通信業界によると、KTの年度別の設備投資額は12年の3兆7110億ウォン(約3580億円)から18年には1兆9770億ウォンまで減少した。業界は、消極的な設備投資が品質低下につながったものと分析した。とりわけ消費者が品質に敏感な移動通信に比べ、超高速インターネットに対する投資が相対的におろそかになっていたことに対する不満が長期間蓄積しているとみられる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。