Go to Contents Go to Navigation

ロシア製ワクチン導入「検討していない」 韓国保健相

記事一覧 2021.04.26 10:29

【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)長官は26日にラジオ番組で、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の導入について、「政府は十分なワクチンを確保している」として、「別のワクチンの調達に支障が出るなどすれば購入を検討するが、下半期に大量を確保するため、積極的に検討していない」と述べた。

新型コロナウイルスのワクチン(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「スプートニクVはまだ欧州などで許認可を得ていない」とし、「新しいワクチンを導入するためには安全性と有効性を国内で検討しなければならない」と慎重な姿勢を示した。

 韓国政府は11月の集団免疫獲得を目指し、米ファイザーと2000万人分(4000万回分)を追加契約するなど、計9900万人分(1億9200万回分)のワクチンを確保している。韓国の人口の約2倍に相当する。

 一方、保健福祉部の孫映レ(ソン・ヨンレ)報道官は別のラジオ番組で、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発したワクチンに関し、「まだ公開されたデータが多くないため、(導入を)検討していない」と明らかにした。

 ワクチン導入に関する韓国政府のタスクフォース(TF、特別チーム)は「新しいワクチンを検討するよりは確保したワクチンの支障のない調達に集中することが望ましい」とした上で、「ロシア製ワクチン導入を検討していないが、国際社会の許認可の状況を全般的にモニタリングしている」と明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。