Go to Contents Go to Navigation

ローマ教皇が訪朝の意思再表明 「準備整えば訪問」

記事一覧 2021.04.26 16:00

【ローマ聯合ニュース】ローマ教皇フランシスコが北朝鮮訪問への意思を改めて表明した。

ローマ教皇フランシスコ(イラスト)=(聯合ニュース)

 教皇は先ごろ、韓国の天主教(カトリック)大田教区長の兪興植(ユ・フンシク)司教と面会した席で訪朝に対する立場を明らかにした。

 兪司教によると、教皇は同じ民族が分断したまま70年をすごしてきたことは大きな苦痛だと言及した上で「準備が整えば北朝鮮を訪問する」と強調。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)から正式に招かれた場合は訪朝する意向があることを改めて示した。

 教皇は、韓国で教皇の訪朝に対する関心が最近高まっていることもよく承知しているという。

 2018年の平昌冬季五輪開催後、南北軍事境界線がある板門店や平壌で南北首脳会談が、シンガポールで米朝首脳会談が相次いで開かれ、朝鮮半島に融和ムードが漂い始め、ローマ教皇庁(バチカン)内で教皇の訪朝推進の動きが具体化された。だが、19年にベトナム・ハノイで開かれた米朝首脳会談が物別れに終わり、全ての実務作業が中断された。

 教皇は、18年にローマを訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した際に、金正恩氏からの公式の招きがあれば「行くことができる」と述べるなど、これまでたびたび訪朝の意思を表明してきた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。