Go to Contents Go to Navigation

英空母「クイーン・エリザベス」 下半期に韓国寄港へ=軽空母で協力本格化

記事一覧 2021.04.27 00:00

【ソウル聯合ニュース】英国の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」(6万5000トン級)が、今年下半期に韓国を公式訪問する。韓国国防部が27日、明らかにした。

英国の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」=(聯合ニュース)

 同部は韓英両国の国防協力促進と親善交流のため、クイーン・エリザベス空母船団からの釜山港への寄港要請を受け入れたと伝えた。

 また、両国は今回の空母船団の訪韓に当たり、徹底した防疫措置を講じた上で具体的な交流協力活動について協議する予定だと説明した。

 AP通信と英タイムズ紙は25日(現地時間)、クイーン・エリザベスが率いる空母打撃群(船団、CSG)が韓国、日本、インド、シンガポールへの歴訪へ出発すると報じた。

 韓国軍と政府の一部では、今回の空母訪韓を機に韓国の3万トン級軽空母の建造計画に関する両国の協力が本格化するとの見方も出ている。

 英国は韓国の軽空母建造計画に大きな関心を持ち、技術協力や運用人材の教育などでパートナーシップの構築を希望しているとされる。

 既に軽空母の概念設計を行う韓国企業が英国企業と一部協議を開始したという。

 軽空母の建造にはF35Bなど垂直離着陸を行う戦闘機から出る高熱の排気に耐えられ、離着陸に合った甲板などを用意する技術が重要で、韓国の軽空母は「平甲板型」で建造される計画だ。

 両国間では今後、このような技術に関する協議が行われると予想される。 

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。