Go to Contents Go to Navigation

昨年の世界免税店売上高 ロッテが2位=新羅は5位に後退

記事一覧 2021.04.27 15:09

【ソウル聯合ニュース】昨年は新型コロナウイルスの流行が影響し、世界の免税店業界の勢力図が大きく変わったことが27日、分かった。

ロッテ免税店=(聯合ニュース)

 英国の免税ビジネス専門誌、ムーディー・デビッド・レポートによると、昨年の世界免税店市場の売上高1位は中国免税品集団(CDFG)だった。新型コロナによる市場低迷の中でも前年比8.1%増の66億300万ユーロ(約8630億円)を売り上げ、前年の4位からトップに躍り出た。

 韓国のロッテ免税店が売上高48億2000万ユーロで、前年と同じく2位をキープした。同誌はロッテ免税店の業績について、転売目的で免税品を買い込む中国人の「運び屋」、在庫の免税品の国内販売許可など韓国政府の支援策、電子商取引(EC)拡大努力などに支えられた結果だと説明している。

 2014年から1位を守っていたスイスのデュフリーは前年比71.1%減の23億7000万ユーロとなり、3位に後退した。デュフリーは主に空港に店舗を構えており、売り上げに大きな打撃を受けた。

 韓国の新羅免税店は21億1000万ユーロで5位。前年の3位から2ランク下がった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。