Go to Contents Go to Navigation

文大統領 ノババックスCEOと会談=「ワクチンに大きな期待」

記事一覧 2021.04.27 17:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日午後、青瓦台(大統領府)で米ノババックスのアーク最高経営責任者(CEO)と会談し、新型コロナウイルスのワクチンを韓国のSKバイオサイエンスが受託生産することについて、「ノババックスのワクチンはわれわれにとって意味が非常に大きい」と述べ、両社の協力関係の発展に期待を示した。

アーク氏(左)と会談する文大統領=27日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国政府はノババックスから2000万人分のワクチンを導入する予定で、SKバイオサイエンスが国内工場で全量を生産する。技術移転を受けて韓国で生産される初の新型コロナワクチンとなる。

 文大統領は「今後も両社の協力が発展するよう、政府が努力する」と表明。「韓国国民はノババックスのワクチンに大きな期待をかけている」と述べた。

 また、「残っているのは使用許可」とし、「手続きが迅速に行われ、ワクチンの効果と安全性が十分に証明されることを望む」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。