Go to Contents Go to Navigation

NAVERがウェブ小説・漫画で協業本格化 相乗効果期待

記事一覧 2021.04.29 12:06

【ソウル聯合ニュース】韓国のインターネットサービス大手、NAVER(ネイバー)が29日、カナダのウェブ小説サイト「ワットパッド」の買収作業が来月にも完了すればネイバー子会社のネイバーウェブトゥーンとの協業を本格化し、オリジナルのコンテンツ・映像の製作に取り組む考えを示した。

ワットパッドのロゴ。NAVERは1月、ワットパッド運営会社の買収を発表した(NAVER提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 NAVERの韓聖淑(ハン・ソンスク)社長はこの日、1~3月期の連結決算発表後のカンファレンスコール(電話会議)で「波及力のあるオリジナルコンテンツをウェブトゥーン(ウェブ漫画)とウェブ小説の形でそれぞれのプラットフォームで同時配信し、効果を高めていく」と言及した。両社の人気コンテンツ、ワットパッドが進行中の映像化プロジェクトを中心に、下半期には相乗効果が出ると見込んだ。

 まずはウェブトゥーンで検証された収益モデルをワットパッドに取り込み、創作者とプラットフォーム間で収益を合理的に分配し共に成長していくエコシステムをつくり上げると説明した。

 一方、NAVERは日本の電子コミック市場で韓国インターネット大手カカオ傘下のサービスと競合している。これに関しパク・サンジン最高財務責任者(CFO)は「1位奪還を目指してオリジナルコンテンツの製作、ソーシングを強化する」と述べた。プラットフォームとコンテンツの両面で安定性と使いやすさの改善を進めているという。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。