Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(4月29日)

◇サムスン電子の1~3月期 営業益45.5%増

 サムスン電子が29日発表した1~3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は9兆3829億ウォン(約9200億円)で前年同期比45.5%増加した。半導体部門が低調だったが、コロナ禍の影響で抑制されていた消費の持ち直しを背景にスマートフォン(スマホ)やテレビ、家電などの完成品がけん引し、全体の営業利益は市場の予想(9兆ウォン未満)を上回った。半導体の不振は米テキサス州にあるファウンドリー(受託生産)工場が寒波の影響で生産を一時停止したことなどが原因。

ソウル市瑞草区にあるサムスン電子の社屋(資料写真)=(聯合ニュース)

◇外相 来月のG7外相会議に出席

 鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官が5月4~5日、英ロンドンで開かれる主要7カ国(G7)外相会議に出席する。韓国の外交部当局者が29日、明らかにした。今回の会議にはG7メンバーのほか、G7議長国の英国の招待を受けた韓国とオーストラリア、インド、南アフリカ共和国が参加する。韓国など4カ国は6月に開催されるG7首脳会議への招待も受けている。外相会議ではG7首脳会議の準備や新型コロナウイルスのワクチン普及問題、気候変動対応などについて議論する見通しだ。鄭氏が日本政府による東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出決定に言及する可能性もある。

◇野生下でトキのひなが初誕生 絶滅から42年

 南部の慶尚南道昌寧郡は、2019年に同地で放鳥したトキが産んだ卵2個がふ化し、2羽のひなが誕生したと発表した。韓国でトキが絶滅してから42年にして初めて、野生下での誕生が確認された。トキは韓国で天然記念物に指定されている。捕獲などにより、韓国では1979年に非武装地帯(DMZ)で目撃されたのを最後に絶滅した。政府は2008年の韓中首脳会談を機に中国からトキ計4羽の提供を受け、人工繁殖を行ってきた。

◇文大統領 鄭鎮ソク枢機卿を哀悼 

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫妻は、ローマ・カトリック教会の鄭鎮ソク(チョン・ジンソク)枢機卿の遺体が安置されているソウル市内の明洞聖堂を弔問に訪れた。鄭さんは2006年に韓国人として2人目の枢機卿に任命された。今月27日、老衰のため死去した。89歳だった。文大統領は28日、自身の交流サイト(SNS)に「非常に残念」と書き込み、故人をしのんだ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。