Go to Contents Go to Navigation

EUに迅速なワクチン輸出許可を要請 接種証明書巡る協議提案も=韓国

記事一覧 2021.04.29 22:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が28~29日にベルギー・ブリュッセルで欧州委員会のドンブロウスキス副委員長、ベルギーのウィルメス外相と相次いで会談し、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンに対する輸出許可を迅速に出し、韓国に円滑に供給されるよう協力を求めた。同部が29日、明らかにした。

産業通商資源部の兪明希通商交渉本部長(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 兪氏は欧州連合(EU)のワクチン輸出許可制度と関連し、ワクチンの供給が現在のように円滑に行われるよう、今後も韓国が購入したファイザー製ワクチンについて迅速に輸出許可を出すよう要請した。

 また韓国が16日に導入したクチンの接種を証明するデジタル証明書を紹介し、これがEU内でも通用するよう作業部会を設置して協議することを提案した。

 EUは域内での自由な移動を再開するため、「デジタルグリーン証明書」を今夏までに導入することを予定している。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。