Go to Contents Go to Navigation

ネイバーニュースがファクトチェック表記強化 虚偽情報の拡散防止=韓国

記事一覧 2021.04.30 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国インターネットサービス大手、NAVER(ネイバー)は30日、虚偽情報や偽ニュースの広がりを防ぎ、ユーザーに信頼性の高い情報を提供するため「ファクトチェック(事実確認)」の表記を強化すると発表した。

ネイバーのニュース検索結果に「当該記事に関するファクトチェックを確認してください」というリンクが表示されている(右、ネイバー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ポータルサイト・ネイバーのニュース検索でファクトチェックに関する記事が出てくると、「当該記事に関するファクトチェックを確認してください」というリンクが表示される。リンクをクリックすると、ソウル大言論情報研究所が30の報道機関による検証結果を提示する「SNUファクトチェック」サービスへ飛ぶ。

 SNUファクトチェックでは、さまざまな情報を各報道機関が調査し、「事実」「おおむね事実」「半分事実」「おおむね事実ではない」「全く事実ではない」「判断保留」の6段階で評価している。

 ネイバーニュースは2019年4月以降、記事本文の下部にファクトチェック情報を表示している。昨年3月には新型コロナウイルス感染症、新型コロナワクチンなど特定のテーマに関するファクトチェックを一度に確認できるサービスを導入した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。