Go to Contents Go to Navigation

スマホ世界シェア サムスンが21.7%で首位奪還=1~3月期

記事一覧 2021.04.30 16:50

【ソウル聯合ニュース】香港の調査会社カウンターポイントリサーチが30日公表した資料によると、世界市場向けのスマートフォン(スマホ)出荷台数で韓国のサムスン電子が21.7%のシェアを獲得し、1位を記録した。同社は昨年10~12月期には米アップルに次いで2位となったが、再び首位に返り咲いた。

ソウル市内のサムスン電子のショールーム(資料写真)=(聯合ニュース)

 2位は16.8%のアップルで、中国の小米科技(シャオミ)が13.7%、OPPO(オッポ)が10.7%、vivo(ビボ)が10.0%と続いた。

 サムスン電子はフラッグシップスマホの「ギャラクシーS21」シリーズの好調で売上高と販売台数がいずれも増加し、欧州、米国、韓国でペントアップ効果(抑制されていた需要の回復)により好業績を収めた。

 カウンターポイントリサーチは、中価格帯の「ギャラクシーA」シリーズを発売したことも成功の要因だと説明した。

 フォルダブル(折り畳み)製品もサムスン電子がリードしているが、華為技術(ファーウェイ)、小米科技、OPPO、vivo、TCLなどの中国企業が新製品を発売すると予想され、競争の激化が見込まれる。

 アップルは「iPhone(アイフォーン)12」シリーズの需要が継続し、米国、中国、インド、日本市場で堅調となっている。

 売上高ではアップルが世界市場でシェア42.0%を記録し、17.5%のサムスン電子を大きく引き離した。アップルの売上高は全地域で2桁以上の増加幅を記録した。小米科技、OPPO、vivoも急成長し、中国、欧州、中南米、東南アジアで善戦した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。