Go to Contents Go to Navigation

文大統領 きょう特別防疫点検会議主宰=円滑なワクチン接種要請へ

政治 2021.05.03 08:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日午後、第2回新型コロナウイルス対応特別防疫点検会議を開き、滞りなくワクチン接種を進めるための徹底的な管理を要請する方針だ。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 同会議の開催は先月12日に第1回が開かれてから3週間ぶり。青瓦台(大統領府)関係者は「定例的な会議を通じて政府の目標通り円滑に接種が行われているかどうかを点検する」と説明した。

 文大統領は会議で、国民が安心して接種を受けることができるようワクチンに対する信頼度を高め、ワクチンの供給と接種の速度を最大限引き上げて集団免疫獲得の時期を早めるよう指示するとみられる。

 会議には全海チョル(チョン・ヘチョル)行政安全部長官、権徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官、鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長などが出席する。

hjc@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。