Go to Contents Go to Navigation

文大統領 新検事総長に前法務部次官を指名=検察改革継続へ

記事一覧 2021.05.03 17:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、検事総長に金オ洙(キム・オス)前法務部次官を指名した。文政権と対立していた尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長は任期を約4カ月残した3月4日に辞任した。

金オ洙氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 検事総長候補推薦委員会が先月29日、金氏ら4人を候補に選定。朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官が4人中金氏を最終候補に選び、文大統領が受け入れた。

 金氏は文政権で法務部次官に起用され、検察改革を進めたチョ国(チョ・グク)元法務部長官と秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官を補佐した。

 金氏を指名したのは青瓦台(大統領府)・法務部と検察の対立を解消し、引き続き検察改革を推進したい考えとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。