Go to Contents Go to Navigation

アンジー 新作映画のオンライン懇談会で「韓国は特別」 

芸能・スポーツ 2021.05.04 16:49

【ソウル聯合ニュース】米国の女優、アンジェリーナ・ジョリーが4日、韓国メディアとのオンライン懇談会を開催し、韓国と韓国映画に対する思い入れを語った。

アンジェリーナ・ジョリー(ワーナー・ブラザースコリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ジョリーが出演する新作映画「Those Who Wish Me Dead」(原題)は5日に韓国で世界初公開される。韓国に対して特別な愛情を感じるかとの質問に「もちろんです(absolutely)」と答えた。

 長男のマドックスさんが2019年に韓国の延世大に入学した際、同校のキャンパスを見て回り、韓国料理店などを訪れたジョリーは「韓国にいるのも好きだし、今後も韓国で多くの時間を過ごしたい」とし、「パンデミック(新型コロナウイルスの世界的流行)の時期にもマドックスは韓国語の勉強を続けており、私にも教えてくれる」と明かした。

 韓国の俳優や監督、映画に対しても好感を抱いていると語った。

 マーベル映画「エターナルズ」で共演したマ・ドンソクについては「私にとってとてもよい仕事仲間であり、友人になった。才能に秀で、親切」と説明した。

 「ノマドランド」でアカデミー賞作品賞など3冠に輝いたクロエ・ジャオ監督が手掛けた「エターナルズ」は、韓国で11月に公開される予定だ。

映画「Those Who Wish Me Dead」(原題)のワンシーン(ワーナー・ブラザースコリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ジョリーは「韓国には非常に素晴らしい俳優が多く、(共演したい)1人だけを選ぶのが難しい。韓国人監督の作品にも出演したい」と意欲を示した。

 「Those Who Wish Me Dead」は、過去の山火事で3人の子どもを救えなかったという罪の意識に苦しめられる消防士が殺し屋に追われる少年に出会い、生き残るために死闘を繰り広げるストーリー。

 ジョリーは今回の懇談会がオンラインで行われたことが残念だとしながら、「韓国に再び行く日を楽しみにしている」とあいさつした。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。