Go to Contents Go to Navigation

南北・中・日の子どもの心つなぐ 6月に東京で絵画展

韓日関係 2021.05.05 10:05

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮、中国、日本の子どもたちの心をつなぐ絵画展「南北コリアと日本のともだち展」が6月4~6日に東京で開催される。

絵画展「南北コリアと日本のともだち展」の案内(同展実行委員会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 新型コロナウイルスが収まったら集まって一緒に遊ぼう、をテーマに子どもたちが描いた約300点を、明るい未来を願う共同制作の旗として展示する。一部の作品は万国旗のように飾る。日本の小中学生と在日朝鮮学校の小学生、韓国の小学生、北朝鮮の小学生、中国・吉林省延吉市在住の朝鮮族の小学生が作品を寄せた。

 主催した南北コリアと日本のともだち展実行委員会の関係者は「掃除機が新型コロナウイルスをすべて吸い取り、人々が安心して行き来できるようになった様子を描くなど、独創的な絵が数多く集まった」と話している。また、絵画展の趣旨を「絵を通じて相手の文化を理解し、参加者同士が便りをやり取りすることで国境を超えたコミュニケーションを手助けする」と紹介した。

 東京展に続き、日本各地で巡回展を行うほか、文化センターや学校、イベントなどにも作品を貸し出す予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。