Go to Contents Go to Navigation

韓国の人権委員会 子どもの権利享受へ社会的な認識変化促す 

記事一覧 2021.05.05 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の「こどもの日」の5日、国家人権委員会は崔永愛(チェ・ヨンエ)委員長の声明を出し、「韓国社会の全ての子どもが自分の権利を完全に享受し、幸せな人生を歩むことを願う」とした上で、社会的な認識の変化を促した。

国家人権委員会(資料写真)=(聯合ニュース)

 声明は「さまざまな虐待と暴力、ネグレクト(育児放棄)から子どもを保護するには、子どもを全人格的で独立した主体と見なすよう、社会的な認識が大転換する必要がある」と強調した。今の社会は子どもを未成熟で受動的な存在、保護と訓戒の対象とする認識が根強く、子どもの権利と尊厳性が損なわれる被害が後を絶たないと指摘した。

 国家人権委員会は社会的な認識を変える努力として、「児童虐待、校内暴力、ネグレクトなどを誘発する原因をより深く掘り下げ把握した上で総合的な政策を打ち出すよう、政府に促していく」と表明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。