Go to Contents Go to Navigation

警察特定部署職員の仮想通貨取得を禁止 保有なら届け出=韓国

社会・文化 2021.05.07 10:25

【ソウル聯合ニュース】韓国警察庁がこのほど現場に「仮想通貨の保有・取引指針」を出し、捜査部署と、警察官の不正行為などを調べる聴聞監査担当官室に所属する職員に対し暗号資産(仮想通貨)の取得を禁じたことが分かった。警察関係者は7日、「仮想通貨取引の嵐が吹き荒れ社会問題となっていることから、警察官による投機便乗を防ぐための措置が講じられた」と説明した。

仮想通貨取引が急増している(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 指針は、対象部署の職員による仮想通貨の新規取得を禁じ、すでに保有している場合は届け出をさせる。これらに背けば懲戒処分にすると警告した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。