Go to Contents Go to Navigation

政府のワクチン政策55点 「11月に集団免疫可能」は1割=韓国調査

社会・文化 2021.05.09 11:22

【ソウル聯合ニュース】韓国経済団体の全国経済人連合会(全経連)が9日発表した意識調査によると、政府の新型コロナウイルスのワクチン政策を100点満点で評価してもらった結果、平均は55.3点だった。

新型コロナワクチン接種の予約を受け付けるコールセンター(資料写真)=(聯合ニュース)

 ワクチン接種で集団免疫を獲得する時期について、回答者の60.8%は「2022年後半までに」と予想した。「23年以降」は29.3%だった。韓国政府は今年11月までに集団免疫を獲得するとの目標を掲げているが、「11月までに達成する」との回答は9.9%だった。

 渡航時に接種歴を証明する「ワクチンパスポート」の導入に関しては、67.4%が「導入すれば経済活性化に役立つ」と期待した。「役立たない」は11.7%だった。

 ワクチンパスポートが導入されたら最もやりたいことには36.4%が「海外旅行」、24.0%が「国内旅行」と回答し、旅行を挙げた人が6割に上った。次いで、「コンサートなど文化生活を楽しむ」(19.3%)、「レストランで自由に外食する」(13.3%)などが続いた。

 行きたい海外旅行先は欧州(41.2%)、東南アジア(24.5%)、米国(14.4%)、日本(13.1%)の順で多かった。

 調査は調査会社のモノリサーチに依頼し、全国の成人838人を対象に実施した。

ikasumi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。