Go to Contents Go to Navigation

政府高官の不正捜査する新組織 初の捜査対象にソウル市教育庁トップ=韓国

記事一覧 2021.05.10 20:41

【ソウル聯合ニュース】検察に代わり政府高官らの不正を捜査する新組織「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」は10日、ソウル市教育庁トップのチョ喜ヨン(チョ・ヒヨン)教育監の不正採用疑惑が初の捜査対象に決まったと発表した。文在寅(ムン・ジェイン)政権が進める検察改革の柱として1月に発足した公捜処への国民の関心は高いが、検察や判事などではなく教育監の捜査に乗り出したのは、政治的論争に巻き込まれることを懸念したためとの見方が出ている。

チョ喜ヨン教育監(資料写真)=(聯合ニュース)

 監査院はチョ氏が2018年7~8月、解雇された教師5人について特別採用するよう関係部署に指示したとして、警察に告発。公捜処に参考資料を提出していた。ソウル警察庁反腐敗・公共犯罪捜査隊は公捜処の要請を受け、事件を公捜処に移管した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。