Go to Contents Go to Navigation

今年の世界経済成長率見通し 5.9%に上方修正=韓国政府系機関

記事一覧 2021.05.11 16:06

【ソウル聯合ニュース】韓国政府系シンクタンクの対外経済政策研究院(KIEP)は11日、「2021年世界経済見通し(改定)」に関する記者会見で、今年の世界経済成長率見通しを5.9%とし、昨年11月の前回予測から0.9ポイント引き上げた。

対外経済政策研究院は今年の世界経済成長率見通しを5.9%と予想した=(聯合ニュースTV)

 国際通貨基金(IMF)の見通し(6.0%)より低く、経済協力開発機構(OECD)の見通し(5.6%)より高い。

 KIEPは新型コロナウイルスワクチンの普及・接種の持続的な拡大、景気てこ入れ策の効果により世界経済が緩やかに回復するとの見通しを示した。

 世界経済をリードする米国の成長率見通しは6.6%で前回の見通し(2.8%)から3.8ポイント引き上げた。欧州主要国と英国の成長率はそれぞれ4.4%、6.0%と予想した。

 日本の成長率は、新型コロナワクチン普及の遅れ、東京五輪開催の可否や大会の開催形式、緊急事態宣言発令など下振れリスク要因があるが、コロナショックから徐々に回復する様子を見せているとして、3.0%を記録するとの見通しを示した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。