Go to Contents Go to Navigation

ワクチン接種の80代女性が死亡 2分後にアナフィラキシー発症=韓国

記事一覧 2021.05.12 14:11

【光州聯合ニュース】韓国南西部・光州市西区の予防接種センターで12日に米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの2回目接種を受けた80代女性が死亡し、防疫当局が因果関係の調査に着手した。同区が伝えた。

ワクチンの接種を終え、副反応に備えて待機する高齢者ら(光州・全南写真記者会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この女性は接種の約2分後に重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症し、意識を失い呼吸が止まった。接種前の問診によると基礎疾患はなかったという。

 女性はその場で応急処置を受けた後、近隣の病院に搬送されたが容体が良くならず、接種から約1時間20分後に息を引き取った。

 防疫当局は解剖により女性の死亡とワクチン接種の因果関係を調べる計画だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。