Go to Contents Go to Navigation

韓国・フィリピン外相が電話会談 日本の海洋放出に懸念共有

記事一覧 2021.05.12 21:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は12日、フィリピンのロクシン外相と電話会談し、両国関係や韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の協力、地域情勢などについて協議した。外交部によると、両氏は朝鮮半島と南シナ海の平和と安定の重要性を確認した。

鄭義溶長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出を決定したことに懸念を共有し、緊密に協議していくことで一致した。

 新型コロナウイルスへの対応を巡っては、両国の緊密な協力を評価。インフラ建設や防衛産業などの分野でも実質的な協力を強化していくことを確認した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。