Go to Contents Go to Navigation

サムスントップの赦免 賛成64%・反対27%=韓国世論調査

記事一覧 2021.05.13 16:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社4社が13日に発表した合同調査結果によると、サムスングループ経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の赦免に「賛成する」との回答は64%、「反対する」との答えは27%となった。

李在鎔氏=(聯合ニュースTV)

 すべての年代、地域で賛成の回答が反対より多かった。

 支持政党別では革新系与党「共に民主党」の支持者は賛成が47%、反対が44%だった。一方、保守系最大野党「国民の力」の支持者は賛成が92%だった。

 李氏は朴槿恵(パク・クネ)前大統領らへの贈賄罪などに問われ、今年1月に差し戻し控訴審で懲役2年6カ月の実刑判決を受け、服役している。

 調査はエムブレインパブリック、ケイスタットリサーチ、コリアリサーチ、韓国リサーチの4社が10~12日、全国の18歳以上の1003人を対象に実施した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。