Go to Contents Go to Navigation

韓国・済州市 海洋放出巡り友好交流の日本4市に協力呼びかけ

記事一覧 2021.05.14 14:04

【済州聯合ニュース】日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出を決定したことを巡り、韓国南部の済州市は14日、友好交流関係にある日本の4市に書簡を送ったと明らかにした。この決定に対する懸念を伝えるとともに、日本政府が再考するよう力添えを求めた。 

済州市庁(資料写真)=(聯合ニュース)

 書簡の送り先は和歌山市と兵庫県三田市、大分県別府市、東京都荒川区だという。

 安東佑(アン・ドンウ)済州市長は「海洋放出の決定を聞いて残念な思いを禁じ得なかった」としながら、「放出されれば済州の漁業者だけでなく日本の漁業者、そして世界の海洋生態にも衝撃が及ぶだろう」と懸念を示した。

 日本政府が周辺国と十分に話し合った上で透明な情報公開、検証手続きを踏むことを提案。また、「放出ではない、代案を深く議論しなければならない」と強調した。4市に対しては、「日本政府に賢明な判断を促す際に積極的に協力、参加してほしい」と呼び掛けた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。